ローン地獄に陥った主婦の奮戦記

2015年06月17日

総量規制限度額を超えた借入をするには?

総量規制限度額を超えた借入がしたいという質問がありました。

そう言えば総量規制という言葉、最近あまり聞かれなくなったような気がします。

多重債務に陥っている方にとってはものすごく困ることだと思うのに、どうしてだと思いますか?

多分表面化していないだけでしょう。

誰だって、お金に関するプライバシーは言いたくありません。

ましてや、「今まで問題なく使えていたクレジットカードが、ある日突然使えなくなった」なんていうこと。

他の人には聞かれたくないですよね。

そう。

総量規制が施行されてからかなり経ちますが、今頃になって、急にクレジットカードが利用不能になったりキャッシュカードが使えなくなったりしている方が居るのです。

総量規制の内容についても、「もう忘れてしまった」なんて言う方もいらっしゃるでしょうが、手っ取り早く説明すると、年収300万円の人はその1/3の金額である100万円を超える借入はできませんよ、ということなんです。

ただし、「ノンバンクで」ということなので、大手銀行のクレジットカードなら総量規制を超えた借入れもOKなんですけど。

一見「じゃあ問題ないじゃん」と思われそうですが、それが大問題。

大手銀行のクレジットカード審査に通るのは、今や至難の業なんです。

icon_5p_192 (1).png

大手企業にお勤めの方や公務員の方とかでしたら、大丈夫でしょうが。

私達のような一般市民で中小企業に勤めている方や自営業の方にとっては高嶺の花とも言えるじゃないかと思います。

じゃあどうしたらいいか?

原則として収入証明書の要らないショッピングモールなどと提携している銀行のクレジットカードとかなら、まだ敷居は多少低いのかもしれません。

ただ、一時に比べたら、銀行系列であってもノンバンクであっても、審査が厳しくなっているということは言えるでしょう。

総量規制を超えた借入をするということは、当然返済にも無理が生ずる可能性が高いわけですから、安易に借入を考えるのは止めた方が良いですね。

posted by ローン地獄の主婦 at 22:16 | 収入証明書不要のクレジットカード

2015年05月05日

裏の求人サイト?



怖いですね。

こんな裏の求人サイトがあるなんて。

今は「個人でお金貸します」なんていうサイトもあったりで、なんでもありとは思っていましたが、それで人が集まるというのが一番怖いです。

ニュース記事を読んでみたら、それぞれ役割分担ができているみたいで。

もしかしたら、詐欺グループなども同じようなサイトを利用していたりして。

「個人でお金貸します」で思い出しましたが、この間は2chのような掲示板で、「お金貸してください」っていう女性の書き込みを見つけました。

すぐに返信があったみたいで、「いくら必要?」とか「どこかで落ち合う?」なんていう感じでしたね。

中には、心配して「こんな書き込みはスルーしちゃってもいいよ」とか「こんなところでお金の相談とかしちゃダメ」なんていうまともな意見もありましたが。

それ以上は見なかったけど、この犯罪グループはLINEで連絡を取り合っていたみたいだけど、掲示板の場合は不特定多数に見られるということもあります。

そうなると、未成年者が見て真似したり、逆に犯罪に巻き込まれるケースもあるのでしょう。

なんでもネットで気軽にできる時代というのは、こういった犯罪の温床にもなりかねません。

ローン地獄におちいった身からすれば、闇サイトというとヤミ金を連想してしまいます。

昔は、電柱とかいかがわしい雑誌の広告に載っている金融業者という感じでしたが、今はネットも多いみたいです。

しかも、最初の敷居は低くて、ちょっと軽い営業マン的な若者が電話に出るので、「怖い」というイメージは無いらしいのです。

だけど、お金を借りした日からすぐに利息が付いたり、10日で1割ならまだいい方ていうような法外な利息が付いたり。

「お金を返したい」と言っても、はぐらかされて、なかなか振込先を教えてくれなかったり。

ということがあるとのこと。

そうこうしているうちに、どんどん利息は膨らんできますから、返せなくなります。

そこが狙い目で、その時点でまた「次の増資」を持ちかけてくるのです。

そうなってしまったら、もう蟻地獄のように抜け出せなくなりますからね。

「今日中にお金を借りたい」という切羽詰まった状況になったら、騙されやすいので気をつけないといけないです。

「裏」とか「闇」というところには近づかないのが一番ですね。
posted by ローン地獄の主婦 at 14:39 | 日記
Copyright © ローン地獄に陥った主婦の奮戦記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます