キャッシングについて - ローン地獄に陥った主婦の奮戦記

2015年07月30日

総量規制後のキャッシング審査は厳しくなった?

生活保護の受給者が過去最多の211万5千人にのぼっているというニュースから数年経っていますが、未だに貧困者の数は増え続けているというのが現状でしょう。

特に子どもの居る世帯で異変が起きているということ。

子どもに朝食も食べさせてあげられない親が増え、なんと朝食を提供してくれる保健室に列ができるというのです。

a0001_010868.jpg

これは由々しき事態ですよね。

過去最多ということは、日本がもっとも貧しかった戦後よりも多いということになります。

まあ、あの時よりも生活水準は上がっているので単純に比べることはできませんが、まさに緊急事態と言うべきでしょう。

震災以降、日本自体が経済的にもまだ揺れているような不安定な状態が続いています。

法の改正についても、「ここが改正されたから良くなった」という実感があまりないですよね。

こちらでも取り上げている、去年改正された貸金法、いわゆる総量規制についても、その後「多重債務者が激減した」なんていう話はあまり聞かないような気がします。

逆に、今まで借りられていた専業主婦やアルバイトの方などがキャッシングしにくくなったために、「生活に困っている」というケースも。

まあ、確かに収入が安定しないのに、安易な借り入れはしないに越したことはないのですが・・・

今まで融資を受けていたキャッシング会社から、総量規制枠を超えていることを理由に「一括返済を求められた」というケースまであり、そうなると「何のための法改正か」と思ってしまいますね。

長い目で見れば、「世帯収入における借り入れの限度額」を設けることは意義のあることだとは思うのですが、「ある日突然一括返済を迫られる」というのは、いかがなものでしょうか?

ある程度の暫定期間を設置して、広く告知してからととい措置を望むのは、やはり甘い考えなのでしょうかね。

とにかく、総量規制施行以降、「ソフト闇金」と言われる違法業者が増えてきているという事実が、すべてを物語っているような気がします。

今は、被災地の復興を一番優先させる、というのはとてもよくわかるのですが、それすら満足に行われていないのは火を見るよりも明らかで・・・

キャッシングの審査が厳しくなるのは、ある意味好ましいのかもしれないですが、本当に借りたい人が借りられない状況になるというのは、どうなんでしょうね。
posted by ローン地獄の主婦 at 23:03 | キャッシングについて

2014年06月29日

休日でもキャッシングできる金融業者は?

さすがは梅雨というくらい蒸し暑い日が続きます。

それでも、今年はまだマシなのかな?

今日は日曜日で「お金が借りられなくて困った」という方も多いのでは?

暑いとは言っても、これから長い夏休みとかもありますから、遊びに行く方もいらっしゃいますよね。

a0050_000426.jpg


お盆やお正月休みには帰省したり。

そうなると、何かと出費がかさみます。

また、震災以降はますます不況の影が濃くなって来ましたから、生活費が足りなくてお金を借りる方もいらっしゃることでしょう。

「アベノミクスなんて言っても、お金持ちだけが得をして我々貧乏人は生活が苦しくなるだけ」と嘆く声も聞こえてきます。

だからと言って、すぐにお金を借りるのは感心しませんが、「すぐにお金が入るあてがある」のなら、キャッシングは便利ですよね。

すぐに返せば、利息もほとんどかからないし。

でも、「祝日などの休日にお金を借りられる金融業者ってあるの?」と思いますよね。

銀行にしても郵便局にしても、土日はATMは開いていますが営業はしていませんから。

また、支店によっては時間が短いところもあるでしょう。

今は、インターネットや携帯でもキャッシングはできる時代なので、土日や祝日でも融資の申し込みに対応している会社も多いです。

特に、消費者金融系は対応していますね。

街によくある「無人契約機」は、24時間対応なんていうところもあるくらいですから。

余談ですが、この消費者金融の無人契約機がある窓口は、以前は本当に良く見かけましたが、やはり不況の影響で少なくなっているように思えます。

金融業者も今や大変なんだと思います。

話は戻りますが、休日に借りた借金はなるべく早く返すようにしたいものです。

便利だと思って借りたのに、返せなくなってしまったら、元も子もありませんものね。

それに、利息は日々増えていきます。

1日数百円と考えると、大したことないみたいですが、月にすると結構な金額になりますから。

しかも、利息だけを支払っても元金は減りません

当たり前のことなのですが、意外と忘れがちなので。

キャッシングも計画的に使えば恐れる必要はありませんが、ついつい借りてしまって多重債務にならないように気をつけたいですね。

キャッシングも賢く利用すれば怖くない、というところでしょうか。
posted by ローン地獄の主婦 at 22:08 | キャッシングについて

2014年01月02日

年末年始のキャッシングを探しまわっていた頃が・・・

早いもので、もう年が明けてから2日が経とうとしています。

年末年始と言えば、多重債務時代は悲惨だったという思い出しかないですね。

お正月のおせち料理を用意できないばかりか、年末年始だって食べるものが買えないという。

a1180_006943.jpg

アルバイトのお金が年内に入るか入らないかで、「またどこかでお金を借りなきゃいけない」ような状態でした。

ギリギリ31日の夕方に支払われたので、何とか新しい年を迎えることはできたのですが・・・

年末ジャンボ宝くじに当選しないかな?なんて漠然と思っていましたけどね。

買わなきゃ当たるわけがない。

当時は購入するお金もなかったですから。

当たり前ですが。

宝くじと言えば、高額当選者にはやはり前兆と言うべきものがあるみたいですね。

例えば「あまりにもアンラッキーなことが起こるので、ここらで運気を変えたかった」という理由で購入すれば当たるとか。

とすると、自分が原因で多重債務に陥った人はダメでしょうが、自分は悪くないのに保証人になったしまったがために破産に追い込まれてしまった、なんていう方は、もしかしたら運が舞い降りてくるかもしれませんよ。

まあ現実問題として、宝くじは当てにできませんよね。

となると、キャッシング?

年末年始でもキャッシングできる金融業者はありますが、大手の消費者金融が多く、すでに何件か借入をしている方にとっては敷居が高いんですよね。

貸してくれそうな中小の消費者金融は、やはり早くても4日からというところが多いようです。

私も年末年始にキャッシングできるところを探し回りましたが、結局借りられずじまい。

苦し紛れにオークションに出品した手持ちのものが、思いがけずに高く売れて、なんとか少し潤ったなんていうこともありました。

結果的には借りられなくて良かったのかもしれません。

その分、また借金が増えましたから。

そうやって、少しでも持ちこたえられれば、そのまま仕事も少しづつ上手く行く、なんていうこともあり得ます。

今年2014年は、4月から消費税も上がるし、貧乏人にとってはあまり嬉しくないことも多いけど、景気は少しづつ回復しているんだ、と思い込んで、何とか頑張るしかありません。

結局は自分次第ですもんね。
posted by ローン地獄の主婦 at 16:59 | キャッシングについて
Copyright © ローン地獄に陥った主婦の奮戦記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます