クレジットカードについて - ローン地獄に陥った主婦の奮戦記

2016年02月05日

収入証明書の要らないクレジットカードって?

キャッシングやクレジットカードの申し込みもどんどん便利になって、ネットで申し込んだり、携帯から申し込むことが可能になりました。

即日キャッシングの場合なども、ネットで申し込みをして、FAXで収入証明書や身分を証明する書類などを送り、あとは電話で審査結果が告げられる、というパターンが多いです。

審査にさえ受かれば、その日のうちに、自分の口座にお金が振り込まれます。

ただ・・・

収入証明書を用意するのって結構面倒ではありませんか?

こちらのカードだと、限度額100万円までの場合は、原則収入証明書も不要ということです。

[楽天カード]

その上、申し込み書類の提出も不要なので、わずらわしい書類の郵送をしないで済むんですね。

これって結構助かります。

いちいち書類を書いて、印鑑を押して・・・やっと郵送したら、書くところを間違えていて、また送り返されてきたことがありましたふらふら

挙句の果てには、「印鑑が薄いからもう一度押してください」で、またまた郵送し直しで・・・

まあ、自分がいけないんですけど、書類のやり取りがないだけでも、本当にラクチンなんですよ。

ただし、あまりにも「楽」過ぎて、「お金を借りている」という感覚が無くなってしまう危険性があるので、注意しましょう。

スポンサードリンク






ローン地獄に陥らないためにも、自己破産なんていうことにならないためにも、きちんと支払いの計画を立ててから申し込みをするということが大切です。

このカードに申し込むと、楽天で買い物した場合、ポイントが通常よりもたくさん付きます。

キャンペーンを実施している時には、数千ポイント付くこともありますから、それだけでも何か買えてしまいますね。

ポイントは楽天銀行の振り込み手数料にも使えます。

現金の支払いなしで買い物ができると、嬉しいですよね。

私は日ごろは買わないようなちょっと贅沢な食材を買ったり、コスメを買ったりしています。

a0055_000968.jpg

収入証明書が不要と言っても、あくまでも原則なので必要な場合もあります。

また他のところと比べて特に審査が甘いとか通りやすいということではないので、その点は勘違いしないようにしてくださいね。
posted by ローン地獄の主婦 at 22:12 | クレジットカードについて

2015年11月11日

クレジットカードの審査に落ち続ける理由は?

クレジットカードやキャッシングの審査になかなか通らない」「クレジットカード会社の審査にことごとく落とされている」なんていう方、もしかしたらこれが原因かもしれません。

ブラックでも借りられる」という記事の中でもご紹介した「信用情報機関」ですが、この中に、もしかしたら間違った情報が登録されている、なんていう可能性もあるのです。

まあ、稀な例だとは思うのですが・・・

「信用情報機関」というのは、クレジットカード会社や信販会社、また消費者金融などが、顧客からの申し込みを受けた場合、申請書類の内容だけでは判断し辛い情報については、この機関に問い合わせて照会するわけです。

どこからいくら借りているかカードの限度額はいくらか実際に支払いはちゃんとされているか、など。

クレジットカードやローンに関する情報が記されているんですね。

だから、この信用情報機関の自分自身の記入欄に、「支払うべきお金を滞納しました」とか「債務整理しました」などの「事故歴」が載ってしまうと、どこの審査にも受からなくなるのは明らかです。

だから、債務整理した方などは、この事故歴が消えると言われている、5年から10年経たないと、一切のクレジットカードやローンの申し込みができないということ。

ブラックの方にとっては、この事故歴抹消までの期間が非常に苦しいんですが・・・

003.jpg

この信用情報機関の掲載内容って、見てみたいと思いませんか?

身分証明さえ提示すれば、誰でも開示可能なんです。

多少のお金はかかりますが、確か1,000円くらいだったと思います。

ブラックじゃなくても、最初に書いたように「特に思い当たることがないのに、クレジットカードの審査にことごとく落ちてしまう」なんていう方は、間違った情報が記載されていないかどうか、一度開示してみても良いと思いますよ。

あと考えられるのは、実際にお金は借りていないけど、短期間に複数の金融業者に続けて申し込みをしてしまった時。

1社だけでは不安だから、まとめて複数社に申請してみた」という考えはわからなくはないのですが、それもしっかりと信用情報に載せられています。

そのためにクレジットカードの審査に通らないことも多々ありますから。

いわゆる「申し込みブラック」ということですね。

そうならないためには、匿名で簡易審査の申し込みができるサイトなどを利用するのが良いでしょう。

スポンサードリンク



posted by ローン地獄の主婦 at 22:07 | クレジットカードについて

2012年07月19日

総量規制後クレジットカードが急に使えなくなった?

総量規制という言葉も、今ではあまり使われなくなりましたが、やはり影響は徐々に拡大しているようです。

ネットのQ&Aサイトでも、「クレジットカードのショッピング枠がまだ余裕があるにも関わらず、急に使えなくなった」という相談を見かけました。

他にも「つい1週間前までは使えたのに、急にクレジットカードが使えなくなって困る」という質問も。

本来なら、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の規制外ということになるのですが、リボルビング払いとかを利用している場合、「割賦販売法」によって規制されるということなんです。

それが、各クレジットカード会社が一斉に動き出す、というものではなく、クレジットカード会社によって、収入証明書の提示や再調査などの時期がずれているということ。

だから、「今まで何の問題もなく使えていたのに、急に使えなくなった」ということになってくるんですね。

たいていは、収入の範囲内で、無理なく返せる金額で利用できていれば問題はないのでしょうが、もともと無理な返済を続けていた場合は、話は違ってきます。

収入証明書を提出して、調査の結果思わしくなかったら、そのままクレジットカードを利用することは難しくなってきます。

いきなり「今までリボ払いしていた金額を一括で返済してください。」と言われることは少ないのでしょうが、クレジットカード会社から一括返済を求められても文句は言えない、ということですね。

結局は「無理な返済」を続けていても、多重債務に陥るのが目に見えていますので、自分のためにも「見直し」は必要なのです。

新しくリボ払いでクレジットカードを利用する時も、充分に支払いできる金額なのかをよく考えてから利用したいですね。

クレジットカード会社も、少しでも多くの顧客を得たいというのは山々なのでしょうが、今後はショッピング枠にも総量規制の制約を受けるかもしれないことを考えれば、少しでも早くそれなりの処置を始めようということなのでしょう。
posted by ローン地獄の主婦 at 22:02 | クレジットカードについて
Copyright © ローン地獄に陥った主婦の奮戦記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます