借入件数何件で申し込みブラックになる? - ローン地獄に陥った主婦の奮戦記

2016年02月27日

借入件数何件で申し込みブラックになる?

申し込みブラックというと、実際に債務整理をしたりしてブラックになってしまった方との区別が付きにくいと思います。

要するに、実際にお金を借りなくても、またクレジットカードを作らなくてもブラックになる可能性はあるということです。

申し込みブラックについて、もう一度軽く説明しますと。

●短期間に複数の金融業者に申し込みをしたり、クレジットカード発行やローンの申請をしたりすると、実際に契約できていなくてもブラックになることがある。

●個人信用情報機関には、実際に作ったクレジットカードやローンなどの履歴だけではなく、申し込みをした履歴も残る。

●申し込み履歴は、半年間は掲載されていると言われていますので、「申し込みブラックになったかもしれない」と思ったら、半年以上空けてから申し込みし直した方が良い。

ということです。

だから、実際には借りていなくても「申し込んだ履歴」というのは残る、と認識した方が良いです。

002.jpg

例えば、1社にクレジットカードの申し込みをして断られた次の日にまた他の会社に申し込むとか、心配だから3社いっぺんに申し込みをするなど。

そんなことをしたら、お金が借りられなくてとか、なかなかクレジットカードが作れなくてあせっているんだな、ということが見え見えです。

誰もそんな人にお金を貸したりクレジットカードを発行したりしないですよね。

「この人は危ないな」と思ってしまいます。

となると、「0;">申し込みブラックになるのは何件くらいからですか?」という質問に対しても、自ずと答えは出ていますね。

例え2件でも、「断られたから間髪入れずに次に申し込む」という行為だけでもブラック認定されることもあるわけです。

まあ、認定と言うとオーバーですが、「断られてすぐに焦って次のところに申し込む」というだけでも、ちょっと信用ならない感じはしますよね。

一般的には、同じ月に2件以上の申し込みはしない方が良い、と言われています。

だからって、2件は良くて3件はダメなの?というようなことではなく、目安ということですね。

スポンサードリンク





申し込みブラックにならないためには、簡易審査とはなりますが、とりあえずは数社まとめて匿名で審査してもらえるようなサイトを利用する、または、1社に申し込みをしたら同じ月には次の申し込みをしない、ということが望ましいですね。
posted by ローン地獄の主婦 at 22:46 | 申し込みブラックについて
Copyright © ローン地獄に陥った主婦の奮戦記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます