総量規制後クレジットカードが急に使えなくなった? - ローン地獄に陥った主婦の奮戦記

2012年07月19日

総量規制後クレジットカードが急に使えなくなった?

総量規制という言葉も、今ではあまり使われなくなりましたが、やはり影響は徐々に拡大しているようです。

ネットのQ&Aサイトでも、「クレジットカードのショッピング枠がまだ余裕があるにも関わらず、急に使えなくなった」という相談を見かけました。

他にも「つい1週間前までは使えたのに、急にクレジットカードが使えなくなって困る」という質問も。

本来なら、クレジットカードのショッピング枠は総量規制の規制外ということになるのですが、リボルビング払いとかを利用している場合、「割賦販売法」によって規制されるということなんです。

それが、各クレジットカード会社が一斉に動き出す、というものではなく、クレジットカード会社によって、収入証明書の提示や再調査などの時期がずれているということ。

だから、「今まで何の問題もなく使えていたのに、急に使えなくなった」ということになってくるんですね。

たいていは、収入の範囲内で、無理なく返せる金額で利用できていれば問題はないのでしょうが、もともと無理な返済を続けていた場合は、話は違ってきます。

収入証明書を提出して、調査の結果思わしくなかったら、そのままクレジットカードを利用することは難しくなってきます。

いきなり「今までリボ払いしていた金額を一括で返済してください。」と言われることは少ないのでしょうが、クレジットカード会社から一括返済を求められても文句は言えない、ということですね。

結局は「無理な返済」を続けていても、多重債務に陥るのが目に見えていますので、自分のためにも「見直し」は必要なのです。

新しくリボ払いでクレジットカードを利用する時も、充分に支払いできる金額なのかをよく考えてから利用したいですね。

クレジットカード会社も、少しでも多くの顧客を得たいというのは山々なのでしょうが、今後はショッピング枠にも総量規制の制約を受けるかもしれないことを考えれば、少しでも早くそれなりの処置を始めようということなのでしょう。
posted by ローン地獄の主婦 at 22:02 | クレジットカードについて
Copyright © ローン地獄に陥った主婦の奮戦記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます