ローン地獄に陥った主婦の奮戦記

2018年06月20日

クレジットカードのリボ払いはローン地獄の始まり?

クレジットカードのリボ払いは危険?」という記事を読みました。

確かに、クレジットカードでリボ払いを選択すると、月々の支払金額が一定で、しかも数千円から設定できるので、負担にならない気がします。

考えてみたら、私は、ほぼリボ払いで分割していたかもしれません。

1479969332-895413.jpg

まあ、「だから、ローン地獄に陥った」なんて言うと、責任転嫁なだけで、自分が悪いんですけどね。

とは言え、私と同じように「お得」というだけでリボ払いを選択している人が居たら、一度総支払い金額を見直したほうがいいですよ。

分割払いが悪いということではなく、一度の買い物で、例えば合計金額が10万円になったとしましょう。

その金額を10回で分割払いすれば、単純に月1万円プラス利息分の金額となります。

利息も、年利という考え方がわかりにくい点もあるのですが、「一度分割払いで何かを買った場合、完済してからでないと、分割払いは使わない」と決めていれば、そう難しい計算もしなくて済みます。

しかも、管理もしやすいです。

私のように、お金の管理が下手だと自覚している場合は、下手にリボ払いに手を出さない方が良いでしょう。

なのに、

○期間限定で、リボ払いで買い物をするとポイント10倍

○月々の返済額が変わらないのに、新たに買い物ができてしまうんです

○リボ払いなら、毎月の返済額が少なくて済むので、余裕を持って支払いができます

なんていうアピールポイントを見ると、ついつい利用してしまうんですよね。

スポンサードリンク


特に、「新たに買い物をしたのに、月々の返済額が変わらない」という点。

さっきの「10万円の買い物」をリボ払いで返済中なのに、3万円のバッグが欲しくなったら。

普通なら、月々の返済額が増えるので諦めるのですが、リボ払いだと、月々5,000円に設定してあれば、そのまま増えないんですよ。

なんだか、ものすごく得をしているような気分になってしまうのは、私だけではないはず。

結局、月々の支払額が変わらない分、借金の支払期間が延長されるわけですから、「払っても払っても元金が減らない」ということになるのです。

ちょっと考えればわかることなのですが、「欲しいものが今すぐ手に入って、しかも月々の支払額は同じ」という魔法のようなフレーズに酔ってしまうのかもしれません。

ならどうすれば良いか?

「分不相応の物は持たない」と言ってしまえばそれまでなのですが、若い内だからこそ似合うものもあるでしょうし、「今買わないと手に入らない」ものもあるでしょう。

とりあえずは、「本当に欲しいものか?」を自問自答して、「どうしても欲しい」となったら、たとえ月々の支払額が増えたとしても、そのバッグはなるべく支払い回数の少ない分割払いにするのです。

そうすれば、自分自身も痛みを感じますから、「今度から無駄遣いは止めよう」と思うかもしれないし、逆に「なるべく早く完済するために、一生懸命働いて余裕が出たら、前倒しで支払うようにしよう」と思うかもしれません。

「今のままの生活で、欲しいものを手に入れたい」と願うから、無理が生まれるんですよね。

自戒を込めて、そう思います。
posted by ローン地獄の主婦 at 15:40 | 収入証明書不要のクレジットカード

2018年06月18日

夫に内緒でクレジットカードを作るには?

夫に内緒の借金と言えばただ事ではないですが、もしかしたら主婦の方は、一度や二度は経験があるかもしれません。

借金と言えば、クレジットカードでキャッシングするのも借金ですからね。

もし、自分名義のクレジットカードを持っていて、キャッシング限度額が30万円とかあったら、「今月ちょっと厳しいな」という時に借りてしまう、ということもあるでしょう。

「来月、生活費から返せばいいんだから」と思っていたら・・・

来月のお給料が思った以上に少なくて返せなくなった、なんていうことも。

通常、カードローンならリボルビング払いができるので、月々少しづつ返していけば良いのですが、キャッシングの場合、翌月あるいは翌々月に一括返済というところが多いですよね。

例え10万円くらいの借入でも、10万円プラス利息分一遍に引かれてしまうのです。

まあ、わかってて借りたことなのですが、実際に予期せぬ出費と重なってしまうと「支払えない」ということにもなりかねません。

だから、「夫に内緒でクレジットカードを作りたい」という方で、キャッシング機能をあてにしているのなら、よく考えた方がいいですよ。

ローン地獄に陥った私が言うのもなんですが、本当に借金はどんどん増えてしまいます。

一度支払えなくなると、今度はその借金を支払うために、他の金融機関からお金を借りる事になるのですが、結局はより借りやすい消費者金融からの借入ということに。

a0003_001573.jpg

今はグレーゾーン撤廃で、そんなに利息も変わらないとは言え、大手信販会社に比べたらまだ利息の高い消費者金融から借入をしてしまうと、それだけでも支払いが困難になってしまいます。

まあ、消費者金融の借入も、すぐに返せるあてがあるのなら、「1ヶ月無利息期間がある」なんていうところもありますから、使い方次第なんですけどね。

それでも通常は銀行や信販会社から借入をするでしょうから、消費者金融から借りようと思った時点で、ほかからの借入件数が増えている、と考えられます。

スポンサードリンク





お金って思った以上に減っていき、借金は思ってる以上に加速を付けて膨らんでいくのです。

「少しだから大丈夫」と思っていると、本当に雪だるま式に増えていきますから。

一番いいのは、やはりクレジットカードを持つ時点で、「月々いくらくらいまでなら買い物してもOK」とか「キャッシングはできれば使わない」などを決めておくことです。

それが出来なかったから、ローン地獄に陥ってしまったんですけどね。

言い訳をするようですが、「月々2万円までの利用」に限っていても、ある程度利用していると、「限度額が増えました」なんていう通知が来るんですよ。

それが、欲しいものがある絶妙のタイミングで届くか。

「ご利用は計画的に」というのは、本当だったのです。
posted by ローン地獄の主婦 at 21:45 | 収入証明書不要のクレジットカード
Copyright © ローン地獄に陥った主婦の奮戦記 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます